2013年3月

吉野地域まちづくり情報誌第5号を制作しました。

2013-03-01

十数年お世話になっている方が会長を務められている「吉野地域まちづくりワークショップ」様より、今回も地域のまちづくり情報誌第5号「花いっぱい運動」に関する印刷物を制作させていただきました。
吉野地域は、古くから木々が多く緑豊かで、花木や野菜づくりも盛んな地域ですが、お話をお伺いすると、緑が年々少なくなってきている状況だそうです。
「花いっぱい運動」について少し調べてみたのですが、戦後まもない昭和27年、町が荒廃し人々の心にも余裕を持てない中で、「社会を美しく・明るく・住みよくする」、また花を通じて人々の気持ちを豊かにとの願いを込め、当時長野県松本市の小学校の教員だった小松一三夢先生によって始められたとされているそうです。
その願いどおり、出来上がった印刷物にも、花の横で笑顔でVサインをしている子ども達の絵や楽しそうにまた一生懸命植栽をしている様子が載っています。印刷物を通して多くの方にこのような活動を知っていただき、この活動が拡がる一助となれば弊社にとっても嬉しいかぎりです。
早いもので今日から3月。寒さも和らいできましたので、明日あたり会社の前にある狭い植込みに花の苗を植えようと思います。

情報誌第5号PDFはこちらからご覧ください

pyoshinomati

Copyrights(c)2006 Bunshinsya Printing Co.,Ltd All RightsReserved.